本サイトではパーキンソン病に関する情報を幅広く紹介しております。



TOP > 改善例とその治療について > 頑張れ!マイケル・J・フォックス

マイケル・J・フォックスといえば、大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で有名ですが…1990年代に発症したパーキンソン病で、現在もなお戦っていることでも知られています。

そんなマイケル・J・フォックスに、朗報が届いているようです。

2013年、ソニー・ピクチャーズが放映予定している「新シットコム」に出演のオファーが来ているというのです。

医療の発展に伴い、次々とパーキンソン病の新しい治療薬が開発されることによって、マイケル・J・フォックスの容態も以前と比べてかなり安定しているといわれています。
(※1990年代、パーキンソン病で麻痺状態が進行している姿をテレビで見ている私にとっても、マイケル・J・フォックスの雄姿を見られること自体、非常に感慨深いものがあります。)

事実ここ数年の活動として、声優/ドラマのゲスト出演と精力的に私たちの前に姿を現しています。

そして、今回のオファーです。

世界中の多くのファンだけでなく、パーキンソン病と戦っている人々のためにも、このオファーが順調に進むことを願っています。

そして…近いうちに映画界へ完全復帰を願っています。

パーキンソン病の研究を助成する基金団体も設立しているマイケル・J・フォックス…パーキンソン病なんかに負けるな!