本サイトではパーキンソン病に関する情報を幅広く紹介しております。



TOP > パーキンソン病の基礎知識 > パーキンソン病に新たな光~その2~

パーキンソン病とは

パーキンソン病を発症した場合、身体の運動機能が損なわれるのと同時に、認知症を併発することが挙げられます。

実は、東北大学大学院医学系研究科神経内科学分野:武田篤准教授/馬場徹医師らのグループが、嗅覚検査によって「パーキンソン病の認知症を早期発見。」することを突き止めたそうです。

この研究グループによると、パーキンソン病患者44人に「臭い識別覚検査法(OSIT-J)」(産業技術総合研究所が開発)をしたところ…10人が外来通院中に認知症を発症(=3年以内)/44人全員が、重度の嗅覚障害を発症していることがわかったそうです。

パーキンソン病は神経伝達物質の1つ:ドーパミンが不足することよって、発症するといわれています。

そしてパーキンソン病患者に不足しているドーパミンを投与することで、身体の運動機能を維持させることが現在の治療法にもなっています。

しかしパーキンソン病のもう1つの症状:認知症の場合、ドーパミンを投与してもまったく効果は見られないのです。

今回の研究によって、パーキンソン病患者に対する嗅覚検査が、認知症の早期発見/早期治療に繋がると、武田篤准教授/馬場徹医師らのグループは考えています。
(※パーキンソン病が早期発見できれば、早期治療をすることによって様々な症状を遅らせることができます。)