本サイトではパーキンソン病に関する情報を幅広く紹介しております。



TOP > パーキンソン病の基礎知識 > 病期(ステージ)=ヤールの重症度分類

パーキンソン病の正体とは何か

病期(ステージ)=ヤールの重症度分類

イメージイラスト

パーキンソン病の症状の程度を示すものとして、「ホーエン&ヤールの重症度分類(ヤールの重症度分類)」がよく用いられています。これはホーエン医師・ヤール医師が作成した分類表で、現在でもパーキンソン病の重症度・治療の成果等々を見るための指標として使われています。

そしてヤールの重症度分類は、パーキンソン病患者の重症度を明確にすることよって、重症度を人に伝えることも目的としています(程度がわかれば対応しやすくなる)。ヤールの重症度分類の症状は、症状が軽微1度~全面的介護5度までの5段階に分類することができます。

1度 … 片方の手足のみに症状が表れている(日常生活における影響は軽微で、ほとんど差し支えない状態)

2度 … 両方の手足に症状が表れている(日常生活に対して多少の不自由さを感じるが、障害としての度合いは軽微。仮に歩行障害が見られても、ほんのわずかの状態)

3度 … 両方の手足に症状が表れ、前屈み姿勢・すり足歩行等々が表れている(まだ日常生活においては自立しているが、職業によってはかなりの制約が見られる状態。またヤールの重症度分類3度以上になると、医療費補助が適用されます。)

4度 … 両方の手足に強い症状が表れている(人の補助があれば歩行できるが自力歩行は不可能、そして介護者がいないと生活に支障をきたす状態。)

5度 … ほとんど寝たきりで、移動は車椅子が絶対必要(生活の基本はベッドになり、全面的に介護者が必要な状態)

このようにヤールの重症度分類されていますが、すべてのパーキンソン病患者がこの推移で進行していくわけではありません。ヤールの重症度分類の指標は、介護に携わる家族の方の指標でもあります。

このヤールの重症度分類でもわかるように3度までなら、あまり手を差し伸べるべきではないということです。重要なことは、日常生活においても「自分でできることは、なるべく自分自身で行わせる」ことです。手を差し伸ばし過ぎると、一層症状に拍車が掛かって悪くなる恐れがあるからです。身体を動かす・頭を使わせる(考えさせる)・文章を書かせる等々、そうした日常の生活が進行を遅らせる効果があるわけです。

しかし、高齢でパーキンソン病を発病した場合は別です。高齢で発症したということは、介護する家族の方も高齢化しているわけです。「何が何でも家族の力だけで介護する」のではなく、介護保険やプロの介護士を上手く活用することをお薦めします。介護疲れ=共倒れになることが、一番辛く悲しいことですから。