本サイトではパーキンソン病に関する情報を幅広く紹介しております。



TOP > パーキンソン病の基礎知識 > パーキンソン病と抗うつ剤

パーキンソン病の正体とは何か

手足の震え・筋肉の硬直等々の症状があるパーキンソン病は、脳内の神経系細胞の中に異常なタンパク質が溜まり続けることによって発症するといわれています。

つまり、異常なタンパク質が神経系細胞内に溜まる→神経系細胞自体を死滅→さらに、次々と別の神経系細胞に広がりをみせることによって、症状を重篤化させるのです。
(※パーキンソン病が発症するもう1つの原因として、神経伝達物質:ドーパミンの不足も挙げられます。)

しかしこの度、東北大大学院医学系研究科:長谷川隆文助教らのグループによって、パーキンソン病の進行を抑制する物質「セルトラリン(=抗うつ剤の一種)」を発見したのです。

まずこの研究グループは、タンパク質の一種「ダイナミン」に着目しました。
(※ダイナミンは、異常なタンパク質を取り込む性質を持っています。)

そしてセルトラリンには、ダイナミンの働きを抑制する作用があり…神経細胞にセルトラリンを投与してみると、異常なタンパク質の取り込みを抑制することに成功したのです。

そして、セルトラリンはパーキンソン病ばかりでなく、今まで治療法が確立されていない「多系統萎縮症」にも効果があることが発見されたのです。

長谷川隆文助教は、「早期発見→セルトライン投与→症状の進行も抑制できる。」と述べています。